第5集「里見氏城跡国史跡指定記念号」

『里見氏稲村城跡をみつめて』第五集
里見氏城跡(稲村城跡・岡本城跡)国史跡指定記念

●特別寄稿
 
・川名史学の原点-房総里見氏の研究 佐藤 博信(千葉大学名誉教授)
・享徳の乱と里見義実    峰岸 純夫(東京都立大学名誉教授)
・里見義実の安房入部    長塚 孝 (馬事文化財団学芸員)
・里見義豊の政治的地位   黒田 基樹(駿河台大学教授)
・正木通綱に関する新資料―故川名登氏所蔵新蔵寺棟札の紹介と検討―
           滝川 恒昭(千葉城郭研究会)
・前期里見氏の時代を見直してみる岡田 晃司(館山市立博物館長)
 
●里見氏城跡(稲村城跡・岡本城跡)
  国史跡指定になって
         愛沢伸雄(里見氏稲村城跡を保存する会代表)

●保存運動の経過報告
 ・「保存会」実施事業(1996~2011年)      
 ・活動の記録                   
   シンポジウム「わたしたちの稲村城跡大発見」報告
   『房総里見氏と稲村城跡をみつめて』報告
  南総発見フォーラム-花と里見と八犬伝
  里見氏の歴史を学ぶ会報告
  「里見の道」ウォーキング報告・里見紀行報告
   国指定史跡巡見報告  
         
販売価格 1,500円
  (館山市 宮沢書店  0470-23-7771
       松田屋書店 0470-23-1661)

発行:里見氏稲村城跡を保存する会 (代表 愛沢伸雄)

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。