三重テレビの取材~船田正廣さんと《海の幸》

三重テレビ「欽ちゃんのニッポン元気化計画」の取材で、

レポーター兼カメラマンは、遠松未来さんが来訪されました。

今日の元気人は、彫刻家・船田正廣さん。

長野県上田市出身、東京芸術大学卒業、

千葉県立安房高校と安房南高校と安房西高校で美術教育をしながら、

制作活動に励んできた代表作は、安房西高校に展示されている刻画『海の幸』。

制作年は2004年。なんと、青木繁が『海の幸』を館山市布良で描いたのが1904年。

まるで導かれるように、ちょうど100年目にレリーフを制作されたのです。

館山では、青木繁《海の幸》誕生の家と記念碑を保存する会が発足しており、

船田先生はその役員です。

美術界では、青木繁が愛した地・布良は聖地と呼ばれ、

全国でも美術関係者の皆さんが、NPO青木繁「海の幸」会を立ち上げ、

青木繁が滞在した小谷家住宅の修理基金をつのる活動を展開中。

今年は、「青木繁《海の幸》オマージュ展」が東京銀座と館山で開催されます。

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。