海軍落下傘部隊の慰霊祭

恒例、安房神社の海軍落下傘部隊の慰霊祭が行われました。

1941年9月、精鋭1,500名が館山海軍航空隊に集結し、

上空300mからの降下訓練を3ヶ月行ない、

12月には台湾の嘉義航空隊で最終訓練の後、

翌年1月には横須賀第一特別陸戦隊(横一特)がセレベス島メナドへ、

2月には横須賀第三特別陸戦隊(横三特)がティモール島ク―パンへ

奇襲攻撃をかけ、占領に成功しています。

しかしその後の激戦のなかで、多くの方が命を落とし、

生き残ったのは200人といわれています。

その一人、貴重な証言をしてくださった版画家の秋山巌先生の長女、町田珠実さんが

毎年、お父上の代わりに、お父上のお仲間の慰霊のために、来訪されました。

秋山巌先生のご健康を心よりご祈念しております。

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。