曹洞宗の人権研修

曹洞宗の人権主事の皆さんが、研修でいらっしゃいました。

企画担当は、鴨川市の永明寺の栗原弘道住職です。

いつもの座学で、館空で訓練した落下傘部隊の話をしたとき、

スクリーンに移った写真を見て、

「あ!秋山巌先生だ」 と声をあげたのは、

成田の長寿院の篠原鋭一住職。

 

山頭火の俳画で著名な秋山先生の版画作品は、

曹洞宗のポスターとして広く知られているのですね。

「落下傘部隊の話は何度も聞いていたけど、こんなところでつながるとは…」

と驚かれていました。仏様のお導きでしょうか…合掌。

ほかにも、台東区の安昌寺の渡邊雪雄住職。

東京の佐藤大英住職は世田谷学園に勤務でまたまたご仏縁。

上星町の金剛寺の清昌道住職。

群馬大泉町の龍泉院の飯田知義住職。

君津の見性寺の殿城太寛住職。

午後は、戦争遺跡の赤山地下壕、

婦人保護施設「かにた婦人の村」、

浄土宗大巌院のハングル「四面石塔」をめぐりました。

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。