東京成徳大学で里見の公開講座

東京成徳大学八千代キャンパスで市民向けの講座「房総文化研究プロジェクト公開企画」。

テーマは「房総里見氏と『南総里見八犬伝』~市民による城跡保存運動の歩みを中心に」。

講師は、NPO法人安房文化遺産フォーラムの愛沢伸雄代表、池田恵美子事務局長。

第一部は、「八犬伝の舞台と里見氏ゆかりの史跡」

第二部は、紙芝居『八犬伝』と「17年にわたる市民の城跡保存運動」。

里見氏稲村城跡と岡本城跡の国史跡指定を受け、鶴巻孝雄教授が企画されました。

来場者の中には、四街道ユネスコ協会の楠岡巌氏もおられ、おなつかしい再会でした。

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。