NPOフォーラム2012年度総会

NPO法人安房文化遺産フォーラムの2012年度総会が開催されました。

スタディツアーのガイド事業は、東日本大震災の影響により激減し、厳しい運営ですが、

青木繁《海の幸》誕生の家と記念碑を保存する会・館山市教育委員会との協働で、

文化庁補助事業「地域の文化遺産を活かした観光振興と地域活性化」など、

多様な活動と、さまざまなネットワーク連携により事業を展開する計画。

後半の懇親茶話会では、

婦人保護施設「かにた婦人の村」の天羽道子施設長・天良さゑ子さんを囲み、

現状課題を伺うと同時に、協力体制の可能性について実り多い話し合いをもてました。

広告

東京成徳大学で里見の公開講座

東京成徳大学八千代キャンパスで市民向けの講座「房総文化研究プロジェクト公開企画」。

テーマは「房総里見氏と『南総里見八犬伝』~市民による城跡保存運動の歩みを中心に」。

講師は、NPO法人安房文化遺産フォーラムの愛沢伸雄代表、池田恵美子事務局長。

第一部は、「八犬伝の舞台と里見氏ゆかりの史跡」

第二部は、紙芝居『八犬伝』と「17年にわたる市民の城跡保存運動」。

里見氏稲村城跡と岡本城跡の国史跡指定を受け、鶴巻孝雄教授が企画されました。

来場者の中には、四街道ユネスコ協会の楠岡巌氏もおられ、おなつかしい再会でした。

くるめつつじ会の椿様

青木繁の故郷・福岡県久留米市の在京人会「くるめつつじ会」、

久留米市内の高校同窓会連合「東京高牟礼会」の監事である

椿一茶さまとご友人のご夫婦2組が来房されました。

館山の戦争遺跡「赤山地下壕」と、

鳩山荘松庵で、鳩山一郎元総理大臣の銅像や井戸、

孫で久留米市民の鳩山邦夫元大臣の「友愛」書を見学した後、

青木繁が愛した布良をめぐり、小谷家へ。

お泊まりは相浜の森荘さんです。

花の谷の御客様

千倉で緩和ケア医療を実践する花の谷クリニック(伊藤真美院長)の御客様をご案内。

赤山地下壕   ・掩体壕

・婦人保護施設「かにた婦人の村

・ハングル「四面石塔」(大巌院)

サイカチの木(元禄津波で人命を救った木)

大阪のNPO法人障害者の自立を支えるサポートネットワーク事務局長の山上(さんじょう)隆子さん。

もう一人は、被災地の障害児者支援に飛び回りながら花の谷でも活躍している新妻亜有子さん。

うしお会(旧安房水産高校同窓会)の高ノ島清掃

由緒ある旧安房水産高校の同窓会「うしお会」の皆さんが、

親子連れで、高ノ島弁財天周辺を自主清掃された後、

赤山地下壕の見学をガイドさせていただいた。

旧館山高校(商・工専科)と統廃合され、館山総合高校の海洋科となっている。

水産教育の歴史は館山から始まったといっても過言ではなく、

同会有志では、NPO法人うしお海洋クラブを設立し、

先人たちが培った歴史文化を受け継いで、今なお活躍されている。

 

自治労連千葉本部女性部ツアー来訪

自治労連千葉県本部女性部の皆さんが平和学習で来訪。

館山市コミュニティセンターで座学の後、

齊藤陽子・拓郎さん母子の経営する館山パイオニアファームで、

手づくりヘルシーランチ(おらがごっつお)をご馳走になる。美味!

今日のレシピは、

ごんじゅう(館山の郷土料理、八幡祭礼の神輿で食べる肉むすび)

・味噌からなます  ・相川肉店の館山メンチ  ・館山ハムのベーコン

・あげいちの唐揚げ    ・宮本養鶏の卵焼き  ・地産サラダ   ・枇杷

同農園は、イチジクを中心に枇杷などを栽培し、若手の起業として注目されている。がんばれ~!

旧安房南高校の清掃

今夏、旧安房南高校の木造校舎(県文化財)で

安房ビエンナーレを開きたいという意向で、美術家の皆さんと、

千葉大学建築学部岡部明子ゼミの学生さんたちが清掃活動を行なった。

2008年に安房高校に統合され、ほとんど利用される機会が少ないが、

市民の間では、由緒ある木造校舎を地域活性化のために有効利用したいという声が高い。