青木繁「海の幸」誕生と日露戦争の時代  1.これまでに書籍に記載される「通説や証言」をみる(1)青木の布良訪問の背景をさぐる 愛沢 伸雄

 青木繁「海の幸」誕生と日露戦争の時代                                                       

                                                                   愛沢伸雄(NPO法人安房文化遺産フォーラム代表) 

1.これまで書籍に記載される「通説や証言」をみる
(1)青木らの布良訪問の背景をさぐる
① 「福田たね」が後年に語ったこと(1961(昭和36)年6月19日談話・抜粋)

● 調査ポイント(「福田証言」とする)
a.小谷家が「4人家族」と「使用人4名」。おじいさんが亡くなった直後か。
b.「旅館(吉野屋)」に一泊。
c.森田か坂本かの知り合いの「田村という医師」を通じて小谷喜録宅に。

② 「なぜ青木らは布良に行ったか」
通説では、高島宇朗の母方の叔父「大倉正愛」とその友人「庄野宗之助」がたびたび布良に写生旅行していたことで、高島は布良を紹介され訪問している。その際に大倉が定宿にしていた「柏屋」に高島も泊まった。そこで青木に布良の良さを伝えて、「柏屋」を紹介したとなっている。
※ 青木繁(20歳)の友人である高島宇朗が『せゝらぎ集』(文明堂1902(明治35)年6月)出版したが、布良を題材にした詩が掲載(「布良告別歌」「鏡浦告別歌」など)

A.河北倫明が高島宇朗に直接、取材して執筆した『青木繁 生涯と芸術品』(養徳社1948(昭和23)年)と高島宇朗『新美術』第1号(1941(昭和16)年9月)では。(美術研究作品資料第3冊 青木繁《海の幸》田中淳「《海の幸》誕生まで」
「布良に、青木を紹介した由来をおもふと、宇朗に布良を教へた二人、母方の故叔父大倉正愛氏、友人庄野宗之助氏を挙げざるを得ない。故叔父は、創立時の太平洋画会員で、度度、宮内省御買上の光栄に浴した、海好きの、よく出かけた三浦三崎が要塞地帯になり、布良に場がへした、布良草分けの一人とも云ふべき、謹厳にして温厚なる君子人。庄野氏も、青年の、同会員で、後に、叔父と布良に同行した人。
宇朗は、この二人から、布良の話、人情の淳朴、黒潮海洋の豪宕など、沢山に聞かされて、胸を躍らい、まだ、汽車は無かった頃の、霊岸島から、定期船に乗って往って、二度ほど、布良に滞在した。正愛叔父は、定宿の柏屋一家から、非常な尊敬を受けて居たし、つながる宇朗も、多少の親しみと、信用とを得て来たので。
また、宿の親戚、郵便局長の川上氏の息子に、たのまれて、英語の手ほどきをしてやった縁などあり。青木が布良に行く時には、そこで唯一軒の旅館であった此の柏屋と、隣の川上氏とに、情を尽して、紹介依頼の手紙を、ことづけたが。
この親切な柏屋で、青木等に、小谷某の家の間借りの周旋をしてくれたのだ。
布良に就いて、語りたいことは、いくらもいくらもあるけれど、ここらで止めるが。」

● 調査ポイント(「高島証言」とする)
a. 「三浦三崎が要塞地帯となり、布良に場がへした」
b. 大倉とその友人庄野と布良に写生旅行。大倉の定宿「柏屋」
c. 郵便局長の「川上」と、その息子
d. 「柏屋」や「川上」とに依頼の手紙、「柏屋」が「小谷某の家の間借りの周旋」

B.森田恒友は東京美術学校1年生の写生旅行(1902(明治35)年)において房総に出向いた際に、布良にいったかもしれない。

「房総海岸」 年月不詳
※ 布良か根本ではないか

『森田恒友青年期素描集20歳~21歳』 昭和62年 限定700部
「森田恒友・廿歳の素描」森田恒之(恒友の孫)

 

 

 

 

 

 

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。