祝!千葉県文化財保護協会より表彰

このたび、NPO法人安房文化遺産フォーラム代表の愛沢伸雄が、

千葉県文化財保護協会より、長年にわたる文化財保護の功労を表彰されました。

【功労の内容】  本年1月、館山市所在の戦国大名里見氏「稲村城跡」が国史跡に指定され、保護・活用の環境が整った。稲村城跡については、市道路建設計画が具体化し破壊直前の状況にあったが、愛沢氏は「里見氏稲村城跡を保存する会」を立ち上げ、氏が世話人代表となって保存運動を展開、存在の意義や文化財的歴史的な価値観・重要性を強く訴えてきた。「保存する会」は会員数100余名、城跡内の定期的な草刈りをはじめ、展示会・ガイドブックの作成、案内板の作成、現地案内や学習会、冊子の刊行、周辺重要城跡の見学会等々、16年の長期に亙り様々な活動を行ってきた。こうした活動は内外の賛同を得、行政も請願を採択、国史跡指定への原動力となった。これまで「館山市稲村城跡調査検討委員会」委員をつとめ、本年より「館山市稲村城跡保存・管理計画策定委員会」委員の委嘱を受け、市民代表として保存・整備計画に取り組んでいる。また、教員在職中から安房地域における戦争遺跡の調査・研究をすすめ、このうち赤山地下壕が館山市の史跡指定を受けるなど、氏の文化財保護に尽瘁した功績は極めて顕著である。

【御礼挨拶】 御礼挨拶:H24千葉県文化財保護功労賞

 

広告

第9回 同心展

旧館山高校の教員仲間8人が、心をひとつに美術展を開いています。

NPO安房文化遺産フォーラム代表は、18年ぶりに彫刻刀を握りました。

ぜひ、お立ち寄りください。    ⇒ 同心会2012目録

*会場:千葉県南総文化ホールギャラリー

*会期:2012年7月1日(日)~13日(金)

【絵画】 ・山口貞雄・三瓶繁男・渡部純一・小林栄

【版画】 ・愛沢伸雄

【写真】 ・黒川正己

【書】 ・大野和子

【詩】 ・諫川正臣

【彫刻】 ・船田正廣

【布作品】 ・今井香

’12安房反核フェスティバル

67年前の原爆の痛みを忘れずに。今年も安房反核フェスティバルが始まります。

*期日=2012年7月14日(土)10~16:30

*会場=館山市コミュニティセンター展示ホール

(館山駅ギャラリーでも関連写真の展示=7月6~19日)

*主催=安房反核フェスティバル実行委員会

【展示】・原爆写真・広島市民が描いた原爆の絵

【ビデオ上映】・吉永小百合さんが語る広島・長崎の被爆体験

【マジックショー】・館山在住の赤岩貴司さん

【すいとん食堂】・戦時中の食べ物

【座談会】・体験談

【募集中!】日中韓青少年歴史体験キャンプ2012

第11回日中韓青少年歴史体験キャンプが、中国の大連で開かれます。

日時 2012年7月25日(水)~30日(月)

定員 中・高生 各国40人

参加費 中高生 30,000円 スタッフ42,000円(現地での宿泊・移動・食費)

申 込  6月末〆切       2012日中韓青少年歴史体験キャンプ.pdf

主催 〔日本〕第11回日中韓青少年歴史体験キャンプ実行委員会

事務局:子どもと教科書全国ネット21

〔中国〕中国社会科学院近代史研究所、中国社会科学文献出版社

〔韓国〕アジアの平和と歴史教育連帯

⇒ 【参考】 第9回日中韓青少年歴史体験キャンプin南房総レポート