青木繁「海の幸」誕生と日露戦争の時代  1.これまでに書籍に記載される「通説や証言」をみる (2)『海の幸』誕生の背景をみる 愛沢 伸雄

 青木繁「海の幸」誕生と日露戦争の時代                                                                   

                                                                愛沢伸雄(NPO法人安房文化遺産フォーラム代表) 

(2)『海の幸』誕生の背景をみる

① 制作などの経過

1904(明治37)年

7月4日   東京美術学校西洋画科選科卒業

15日      夜、坂本繁二郎・森田恒友・福田たねと霊巌島から乗船

16日      朝、館山に到着

17日  布良に着き、「柏屋」か、「吉野屋」に一泊

「柏屋」か、「田村医師」か、「川上」かの紹介で小谷喜録方へ

※ 8月22日友人「梅野満雄」宛に書簡を出す。(『海の幸』制作を示唆する)

  • 「梅野満雄」宛に書簡

其後ハ、御無沙汰失礼候 モー此処に来て一ヶ月余になる、この残暑に健康はどうか。僕は海水浴で黒んぼーだよ、定めて君は知つて居られるであらうがこゝは万葉にある「女良」だ。すく近所に安房神社といふがある、官幣大社で、天豊美命をまつつたものだ、何しろ沖は黒潮の流を受けた激しい崎で上古に伝はらない人間の歴史の破片が埋められて居たに相違ない、

漁場として有名な荒っぽい処だ、冬になると四十里も五十里も黒潮の流れを切つて二月も沖に暮らして漁するそうだよ、

西の方の浜伝ひの隣に相の浜といふ処がある、詩的な名ではないか、其次ハ平沙浦(へイザウラ)、其次は伊藤のハナ、其次ノ、洲の崎でこゝは相州の三浦半島と遥かに対して東京湾の口を扼して居るのだ、

上図はアイドといふ処で直ぐ近所だ、好い処で僕等の海水浴場だよ、

上図が平沙浦。先きに見ゆるのが洲の崎だ、 富士も見ゆる 、 …(略)…

沖では、クヂラ、ヒラウヲ、カジキ 「ハイホのこと」、マグロ、フカ、キワダ、サメ、 がとれる、皆二十貫から百貫目位のもので釣るのだ、恐ろしい様な荒つぽい事だ、灘では、トビ魚(アゴ)、カツオ、タイ、アジ、ヒラメ、サバ、抔だ、それから岸近くでは、小アジ、タカベ、クロダイ、カレイ、ボラ、抔だ、磯辺では、タコ(大いよ)、イセエビ、メチダイ、メジナ、抔だよ、 …(略)…

まだまだ其外に名も知らぬものが倍も三倍もある、また種族が同じで殊類なものもあるのだ、

今は少々製作中だ、大きい、モデルを澤山つかつて居る、いづれ東京に帰へつてから御覧に入れる迄は黙して居よう。

 

  • 調査ポイント(「梅野宛書簡」とする)

a.「万葉にある「女良」だ」の女良になぜ「」がついているか。青木は布良を「女良」と呼ぶことを知ったか。

b.「洲の崎でこゝは相州の三浦半島と遥かに対して東京湾の口を扼して居る」との文脈は、軍事的要衝の地を指していることを暗示させる

c.「漁場として有名な荒っぽい処だ」「クヂラ、ヒラウヲ、カジキ 「ハイホのこと」、マグロ、フカ、キワダ、サメ、 がとれる、皆二十貫から百貫目位のもので釣るのだ、恐ろしい様な荒つぽい事だ」と布良の鮪はえ縄漁についての理解は。

d.「此処に来て一ヶ月余」とすると、記載は1904(明治37)年8月の中旬であり、22日に郵便局で出す。日露戦時下の郵便検閲はどうだったか。

 

② 河北倫明「青木繁」論をみる

戦時中の世情のなかで美術史的な視点をもって調査研究して執筆

『青木繁―悲劇の生涯と芸術』角川新書(昭和39年)

「あとがき」には、戦時中に執筆した最初の著作を漢字やかなづかいは今風に改め、そのまま再録したとある。「昭和十九年で、戦時下のことであり、原稿をかいているとき、灯火管制が行われたり、空襲警報が鳴りひびいたりしたこともあった」

「明治三十六年、二十二歳…千駄木町六五桑垣方へうつった。…森田恒友と同宿している。森田の追想記には『此の時分時々庄野君、正宗君などが遊びに来た。』…この時代は、青木の窮乏も激しかったようで、都合がつかなくなっては、つぎつぎと移転をくりかえし、友人達を利用してはいろいろ高飛車に迷惑をかけたものであろう。すでに学資の来るあてもなくなっていた」ということで、河北は久保貞次郎が『みずゑ』で友人石川確治(明治38年東京美校彫刻本科卒)の談として、青木が「文房具売り出しの一枚三十銭かのエハガキ絵までわずかな料金でかかねばならなかった」との記載を紹介している。「君の学資の絶えてゐることも余程後に知つた位である。苦学といつても…他所の仕事を助けたりなどしたといふではない、…何うして居たかは判らないが何うにかなつて行つたのである」(画集追想記)「…生活の模様に着いて…梅野満雄の回想記…『此の三十五、六年の二年間は青木君が窮迫の絶頂と言ふ可きで、自分は当時の青木君を追想する毎によくも身体が……と考へずには居られない。…当時の日記に『君が生命の糧であつた』と書いてゐる。…学校から授業料の滞納処分を受けて退学の憂目を見ようとしたので自分は新潟行の旅費を割いた。…青木君は、此の困窮の中に勉強も随分やつて居た。…生活の為に外人向の水彩画も描き、…この年(明治36年)の白馬会第八回展覧会は、…青木は初めて作品を公表…水彩あるいは色鉛筆によって自由な空想を絵にしたものである。貧困のためやむを得ず小品に甘んじた…白馬賞の第一回受賞者となり、青木の異才ははじめて世に知られるに至った。…当時読売新聞の日曜評論で坂井義三郎がこの会を概評し…『超自然の事に手を付けようとする人のあるのは喜ばしい。』(読売新聞十月十日)

「曙時代 明治三十六年~明治三十七年 青木が…稀有の創作力を発揮したのは、明治三十六年末から翌年の初秋ごろにいたるほぼ一年たらずの時期であるが、この時代の作品は…例の「海の幸」を頂点とする一連の作品が出たのである…第一回の白馬賞をうけて華やかな注視の中に世に出た…、一方には福田たねとの激しい恋愛も始まっていた。三十七年二月はすでに日露の戦いが起こっていたが、つぎつぎと捷報はつたえられ、画学生たちの夢も昂揚期の影をうつして健康な浪漫的なものであったと感じられる。坂本、正宗の追想記…『一番無邪気に遊んだのはその頃であつたろう、…君と不同舎に居たさる女性との間に恋が成立したのもこの頃…君は自分にその女性をもらはうと思ふが何うかといふやうなことを語つた。それ以来君と某君とは繁々往来した。…その時分の君の風采は一通りではなかった。汚れて肩のあたりは破れて、汗臭いただの一枚びらの着物に、ずたずたになつた絹袴をつけて、いつも絵具箱をかついで歩いて居た』(坂本繁二郎、画集追想記)

…青木は、戦争もたけなわ明治三十七年七月四日には、東京美術学校西洋画科選科を卒業…式で来賓の大久保文部大臣は、「振古未曾有の時局」に際して卒業する一同を激励している。…こうして学校を卒業した青木には、いよいよ憚かるところなく自由に大胆に画想をのべるときがきた。…房州布良へ写生に出かけて…この写生旅行はいろいろな意味で青木の生涯の一つの大きな峠となった…一漁村に、自分を崇拝する女性や親しい友人と行をともにした青木が、どれほど張りきった状態にあったか…」

  • 調査ポイント(「河北」調査研究とする)

a.千駄木時代に同宿した森田は「庄野君」が時々遊びに来たという。「大倉と庄野」に関わる「高島証言」には、「庄野」と青木・森田が知り合いであったという話がない。庄野宗之助は太平洋画会のメンバーであり、森田と交流があったうえに、青木とも1903(明治36)年頃の千駄木の下宿で森田に紹介され、交流が生まれた。すでに布良に写生旅行にいったことのある庄野や森田らは、青木が求めるイメージをもつ場所と紹介した可能性がある。

b.梅野によれば青木が親からの学資送金があったのは、1899(明治33)~1901(明治34)年の1年4ヶ月という。1902~03(明治35~36)年の「窮乏」の時代は、梅野や森田などの仲間以外に、その窮乏を支援していた人がいたのか。考えられるのは、キリスト教会関係者などである。後に青木は千駄ヶ谷にあったセブンデーアドベンチストの教会で、フイルドという牧師から洗礼をうけたという。梅野満雄宛の書簡には「過日、僕はクリスチャンの洗禮を受けた」とある。(「美術研究作品資料第3冊 青木繁《海の幸》」のなかの「青木繁年表(植野建造遍)」『青木繁全文集 仮象の想像』の梅野宛書簡(明治40年7月2日付)

③青木繁の関係者の証言

A.坂本繁二郎

坂本繁二郎は「自分の目撃談」を青木に話したことが制作のきっかけであったと証言。

『私の絵 私のこころ』1969(昭和44)年 日本経済新聞社

「…明治三十七年の夏、私は青木と彼の愛人である女画学生福田たね、それに森田恒友の四人で千葉県の布良海岸に写生旅行に出かけました。黒潮と太陽とはてしない水平線に圧倒きれながらも私たちの心は躍動したものです。青木には、秋の白馬会展を目ざして、日本の古典からヒントを得た「海の幸」「山の幸」の二部作をものにする野心が初めからあったようです。

あるナギの午後、私は近くの海岸で壮大なシーンに出会いました。年に一、 二度、あるかなしゃの大漁とかで船十余隻が帰りつくや、浜辺は老いも若きも女も子供も、豊漁の喜びに叫ぴ合い、夏の目ざしのなか、懸命の水揚げです。…夜、青木にその光景を伝えますと、青木の目は異様に輝き、そこに「海の幸」の構想をまとめたのでしょう。翌朝からは大騒ぎのうちに制作が始まりました。他の三人はもっぱら手伝い役。こちらの迷惑などはお構いなしで、モデルの世話だ、画材の買い入れだと追い回されました。青木独特の集中力、はなやかな虚構の才には改めて驚かされましたが、 あの「海の幸」は絵としていかに興味をそそるものとしても、真実ではありません。大漁陸揚げの光景は、青木君は全く見ていないはずです。現実に情景がまるで異なり、人も浜も海も実感とは違っています。彼は私の話を聞き空想で描いたのです。実際は船から降ろす小魚は女子供がざるに受け、大魚はわたを捨てたのを、血をしたたらせながら背に荷うのです。 すさまじいばかりの色彩と動の世界がそこにあったのです。青木がそれをじかに見ていたら、もっと絵は違ったものになっていたでしょう。

  • 調査ポイント(「坂本」証言とする)

a.「海の幸」「山の幸」の二部作をものにする野心が初めからあった」意味は。

b.「年に一、 二度、あるかなしゃの大漁とかで船十余隻」と小谷家

 

 

 

広告

青木繁「海の幸」誕生と日露戦争の時代  1.これまでに書籍に記載される「通説や証言」をみる(1)青木の布良訪問の背景をさぐる 愛沢 伸雄

 青木繁「海の幸」誕生と日露戦争の時代                                                       

                                                                   愛沢伸雄(NPO法人安房文化遺産フォーラム代表) 

1.これまで書籍に記載される「通説や証言」をみる
(1)青木らの布良訪問の背景をさぐる
① 「福田たね」が後年に語ったこと(1961(昭和36)年6月19日談話・抜粋)

● 調査ポイント(「福田証言」とする)
a.小谷家が「4人家族」と「使用人4名」。おじいさんが亡くなった直後か。
b.「旅館(吉野屋)」に一泊。
c.森田か坂本かの知り合いの「田村という医師」を通じて小谷喜録宅に。

② 「なぜ青木らは布良に行ったか」
通説では、高島宇朗の母方の叔父「大倉正愛」とその友人「庄野宗之助」がたびたび布良に写生旅行していたことで、高島は布良を紹介され訪問している。その際に大倉が定宿にしていた「柏屋」に高島も泊まった。そこで青木に布良の良さを伝えて、「柏屋」を紹介したとなっている。
※ 青木繁(20歳)の友人である高島宇朗が『せゝらぎ集』(文明堂1902(明治35)年6月)出版したが、布良を題材にした詩が掲載(「布良告別歌」「鏡浦告別歌」など)

A.河北倫明が高島宇朗に直接、取材して執筆した『青木繁 生涯と芸術品』(養徳社1948(昭和23)年)と高島宇朗『新美術』第1号(1941(昭和16)年9月)では。(美術研究作品資料第3冊 青木繁《海の幸》田中淳「《海の幸》誕生まで」
「布良に、青木を紹介した由来をおもふと、宇朗に布良を教へた二人、母方の故叔父大倉正愛氏、友人庄野宗之助氏を挙げざるを得ない。故叔父は、創立時の太平洋画会員で、度度、宮内省御買上の光栄に浴した、海好きの、よく出かけた三浦三崎が要塞地帯になり、布良に場がへした、布良草分けの一人とも云ふべき、謹厳にして温厚なる君子人。庄野氏も、青年の、同会員で、後に、叔父と布良に同行した人。
宇朗は、この二人から、布良の話、人情の淳朴、黒潮海洋の豪宕など、沢山に聞かされて、胸を躍らい、まだ、汽車は無かった頃の、霊岸島から、定期船に乗って往って、二度ほど、布良に滞在した。正愛叔父は、定宿の柏屋一家から、非常な尊敬を受けて居たし、つながる宇朗も、多少の親しみと、信用とを得て来たので。
また、宿の親戚、郵便局長の川上氏の息子に、たのまれて、英語の手ほどきをしてやった縁などあり。青木が布良に行く時には、そこで唯一軒の旅館であった此の柏屋と、隣の川上氏とに、情を尽して、紹介依頼の手紙を、ことづけたが。
この親切な柏屋で、青木等に、小谷某の家の間借りの周旋をしてくれたのだ。
布良に就いて、語りたいことは、いくらもいくらもあるけれど、ここらで止めるが。」

● 調査ポイント(「高島証言」とする)
a. 「三浦三崎が要塞地帯となり、布良に場がへした」
b. 大倉とその友人庄野と布良に写生旅行。大倉の定宿「柏屋」
c. 郵便局長の「川上」と、その息子
d. 「柏屋」や「川上」とに依頼の手紙、「柏屋」が「小谷某の家の間借りの周旋」

B.森田恒友は東京美術学校1年生の写生旅行(1902(明治35)年)において房総に出向いた際に、布良にいったかもしれない。

「房総海岸」 年月不詳
※ 布良か根本ではないか

『森田恒友青年期素描集20歳~21歳』 昭和62年 限定700部
「森田恒友・廿歳の素描」森田恒之(恒友の孫)

 

 

 

 

 

 

青木繁「海の幸」誕生と日露戦争の時代 愛沢 伸雄

 

 青木繁「海の幸」誕生と日露戦争の時代   

                                                                                              愛沢伸雄(NPO法人安房文化遺産フォーラム代表) 

   日本を代表する洋画「海の幸」は1904(明治37)年夏、40日余り小谷家に滞在した青木繁により描かれた。この画家は河北倫明氏をはじめ数多くの研究者によって世に出され、「海の幸」は日本美術史に位置付けられ国重要文化財となった。

石橋財団ブリジストン美術館蔵】

    ところで2005年から館山市富崎地区では、漁村のまちづくりのなかで小谷家住宅を市有形文化財とし、地元はもちろん全国からの支援により小谷家住宅修復事業に取組み、青木繁「海の幸」記念館として開館した。その経緯のなかで小谷家からは明治期の水産業など、地域の人びとの動きがわかる貴重な資料が発見された。

    これまで青木繁「海の幸」誕生について、明治期の館山・富崎の地を踏まえた地域史からの視点、あるいは日露戦争の時代のなかで小谷家に関連する人びとや漁村の文化的な交流の視点からの考察はあまり見かけない。つまり「海の幸」誕生の背景は、美術史的な視点や青木繁の関係者のみの証言で組み立てられてきた。

    この報告では発見された資料から青木繁が訪れた布良の地や小谷家に関連する人びとの姿、また「海軍望楼」などの軍事施設や「帝国水難救済会布良救難所」の設置、ときに軍事演習の地であった景勝地・布良の姿、とくに日露戦争下にあって布良沖のウラジオストク艦隊の動きによる危機的状況などを明らかにしたい。さらに富崎の人びととの交流にふれ、なぜ40日余りも小谷家に滞在し絵画制作が可能であったかを地域の視点から考察してみたい。

目次

1.これまでに書籍に記載される「通説や証言」をみる

  (1)青木の布良訪問の背景をさぐる (2)「海の幸」誕生の背景をみる

2.小​​谷家資料や国会図書館にある明治期の「布良」を紹介した資料

  (1)青木繁が訪れた景勝地・布良 (2)布良の医者

3.青木繁が滞在した小谷家をさぐる

  (1)小谷喜録とその家族  (2)石井家の人びと

4.日露戦争のなかの「布良海軍望楼」と「帝国水難救済会布良救難所」

  (1)東京湾要塞の最前線「布良」 (2)日露戦争勃発と要塞の地「布良」での動き

  (3)「帝国水難救済会布良救済所」と日露戦争

5.日露戦争時下の富崎の民衆と青木の姿

  (1)富崎・漁村の姿をみる  (2)漁村のまちをくみををみる

  (3)地域と青木繁から日露戦争を考える

 

 

 

 

 

平井希昌【前代未聞の葬列の大移動】 終了のお知らせ by長尾佐栄

平井希昌【前代未聞の葬列の大移動】終了のお知らせ by長尾佐栄

ブログ「安房国再発見」に【前代未聞の葬列の大移動】平井希昌(その1)から(その28)までを投稿してきた長尾佐栄です。ペンネームである作者長尾佐栄は、すべての作品とペンネームの公開が終了したことをご報告いたします。長年にわたってご愛読いただき深く感謝しております。2016年12月吉日