杉の木会ツアー来訪と御神楽

市川市の社会福祉法人杉の木会の皆さんが、館山市のユネスコ保育園に来訪、

5歳児の子どもたちに、楽しい御神楽を演じてくださいました。

このあと、平和学習のため、小高記念館で座学、

かにた婦人の村、赤山地下壕…と戦争遺跡をご案内しました。

杉の木会の園長先生もまた、

山頭火で著名な秋山巌先生の作品を所有されておられて、

館山海軍航空隊と落下傘部隊のご縁に驚いていらっしゃいました。

広告

富津の見性寺

富津市の見性寺に伺いました。

正木氏系の寺院で、波の伊八の龍の欄間彫刻、古文書や家康像をはじめ、

ありがたい秘蔵の釈迦涅槃図絵を拝見させていただきました。合掌。

過日の曹洞宗の人権研修のご縁で、次は宗派を超えて、

同和問題宗教連絡協議会(同宗連)の研修を企画してくださるとのこと。

ご来訪をお待ちしています。

曹洞宗の人権研修

曹洞宗の人権主事の皆さんが、研修でいらっしゃいました。

企画担当は、鴨川市の永明寺の栗原弘道住職です。

いつもの座学で、館空で訓練した落下傘部隊の話をしたとき、

スクリーンに移った写真を見て、

「あ!秋山巌先生だ」 と声をあげたのは、

成田の長寿院の篠原鋭一住職。

 

山頭火の俳画で著名な秋山先生の版画作品は、

曹洞宗のポスターとして広く知られているのですね。

「落下傘部隊の話は何度も聞いていたけど、こんなところでつながるとは…」

と驚かれていました。仏様のお導きでしょうか…合掌。

ほかにも、台東区の安昌寺の渡邊雪雄住職。

東京の佐藤大英住職は世田谷学園に勤務でまたまたご仏縁。

上星町の金剛寺の清昌道住職。

群馬大泉町の龍泉院の飯田知義住職。

君津の見性寺の殿城太寛住職。

午後は、戦争遺跡の赤山地下壕、

婦人保護施設「かにた婦人の村」、

浄土宗大巌院のハングル「四面石塔」をめぐりました。

海軍落下傘部隊の慰霊祭

恒例、安房神社の海軍落下傘部隊の慰霊祭が行われました。

1941年9月、精鋭1,500名が館山海軍航空隊に集結し、

上空300mからの降下訓練を3ヶ月行ない、

12月には台湾の嘉義航空隊で最終訓練の後、

翌年1月には横須賀第一特別陸戦隊(横一特)がセレベス島メナドへ、

2月には横須賀第三特別陸戦隊(横三特)がティモール島ク―パンへ

奇襲攻撃をかけ、占領に成功しています。

しかしその後の激戦のなかで、多くの方が命を落とし、

生き残ったのは200人といわれています。

その一人、貴重な証言をしてくださった版画家の秋山巌先生の長女、町田珠実さんが

毎年、お父上の代わりに、お父上のお仲間の慰霊のために、来訪されました。

秋山巌先生のご健康を心よりご祈念しております。

平塚らいてうの会

NPO平塚らいてうの会(米田佐代子代表)の皆さんが平和学習で来訪されました。

らいてうさんのお父さんが、館山市北条(六軒町)の諏訪神社裏に別荘をもっていました。

館山白百合幼稚園の創設者・島野初子(矢部初子)さんは、らいていさんのご友人だったご縁もあり、『新婦人の人びと』という本には紹介されており、著書の折井美耶子さんからご寄贈いただきました。ありがとうございます。