鏡が浦と富士山

小春日和の暖かで澄んだ館山湾には、雪冠を抱いた美しい富士の姿が見えます。

スライドショーには JavaScript が必要です。

広告

里見氏稲村城跡保存会の解散ご挨拶

このたび里見氏稲村城跡を保存する会は、本年7月29日に開催されました第17回総会の議決によりまして、当会を解散することとなりました。1996年4月の発足以来、稲村城跡の保存と史跡化をめざして様々な活動をおこなってまいりましたが、このたびの総会におきまして保存運動の組織体として掲げてきた目的が達成したと確認し、当会の役割は終えたと判断して解散する運びとなりました。これまで活動してこられましたのも、ひとえに皆様方からの温かいご支援ご協力をいただいた賜物であったと、心より深く感謝を申し上げます。ありがとうございました。

17年にわたって地元・地権者をはじめ行政当局や議会関係者、各界の皆様のご努力が実を結んだ結果、当会が念願しておりました「里見氏城跡(稲村城跡・岡本城跡)」が、本年1月24日付き官報で国史跡として告示されました。国史跡が実現したものの今後の史跡整備には長い道のりになっていくと思われますが、将来にむけての第一歩が踏み出されたことは大変喜ばしく思っております。多くの皆様の応援があってこそ、国史跡にふさわしい里見氏城跡公園が実現していくものと思っております。今後において、他の里見氏城跡の追加指定の可能性もあり、里見氏城郭群が安房地域の歴史文化を活かした地域づくりになっていく貴重な一石になっていくことを強く願っています。

なお、当会は解散いたしますが、総会におきまして当会が歩んできた精神を活かすため、引き続き里見氏の歴史や文化財、なかでも城郭のことを学びながら、里見氏の歴史文化を普及する文化活動に取り組んでいくこととなりました。戦国大名里見氏の歴史および城郭について知る人を増やしていくとともに、歩いて学びながら会員の知識を深めていくことを目的とする新しい会は、「歩いて学ぶ里見氏の会」(会長:島田輝弥)という名称となり会則や役員も決定しました。今後はこの新たな会へ移行しますので、これまでと変わらぬご理解ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

また、これまでの保存運動に関わってきた稲村城跡や他の城跡などの保存活用について、とくに地域づくり(史跡整備などにむけての利活用や観光まちづくり)の面では、当会と連携してきたNPO法人安房文化遺産フォーラム(代表愛沢伸雄)が当会の精神を活かして地域づくりに関わっていくことが確認されましたので、合わせてご報告いたします。

今日、東日本大震災が大きな傷跡を残して、その復旧事業には地域づくりのあり方が問われています。そのような時代状況のなかで官民一体となり、地域の人びとと手をたずさえ知恵を出し合って、後世の人びとに歴史遺産を残していきたいと考えています。そのためにも安房という地域がもっている多彩な歴史・文化を学びながら今後も歩んでいきたいと思っております。今後ともよろしくお願いいたします。

里見氏稲村城跡を保存する会 代表  愛沢伸雄

 

(左から、愛沢伸雄・金丸謙一館山市長・島田輝弥)

【房日】赤山地下壕見学&まちなかウォーク

2012年8月5日

~赤山地下壕・紙芝居「八犬伝」 & まちなかウォーク~

◆赤山地下壕ガイドサービス

館山市を代表する戦争遺跡です。だれが、いつ、

何のために、どうやって、掘ったのでしょうか。

これを、どんな風に使っていたのでしょうか。

戦争のとき、館山はどうだったのでしょう。

そのころの子どもたちは、どうしていたのでしょう。

終戦の日も近いので、みんなで平和を考えましょう。

*集合=9:30~11:30
*受付=豊津ホール(宮城バス停1分)
*入壕料=おとな200円・小中高100円
*ガイド料=無料サービス

◆紙芝居八犬伝&まちなかウォーク

*集合=14:30
*受付=銀座振興組合ビル休憩所(千葉銀行館山支店の向かい)
*参加費=おとな200円・小中高100円 *駐車場=中央公園(市立図書館となり)
*行程=紙芝居「里見八犬伝」~まちなかウォーク・歴史文化の再発見

~銀座ふれあいまつり ◎参加者にはオマケで金券200円のサービスがつきます。

◎紙芝居 『里見八犬伝』

安房をおさめた戦国大名・里見氏をモデルにして、伏姫と愛犬・八房と、8人のイケメン侍が登場する物語です。映画、歌舞伎、人形劇などで人気があり、ドラマではジャニーズの滝沢秀明が主演をつとめました。日本一長い小説ですが、15分でわかる紙芝居を楽しみましょう。

.

◎北条まちなかウォーク

大正8(1919)年に鉄道が敷かれ、駅前ににぎやかな商店街がひらけました。東京の政治家や企業人、大学生などの保養地や水泳訓練の地として人気のまちでした。関東大震災や元禄地震の被害も大きく、階段状に隆起した痕跡や復興の歴史もみられます。図書館に近いサイカチの木は、津波のとき登った人が助かったという言い伝えがあり、いざという時に葉が食用・トゲが解毒剤・実が洗剤となるそうです。足もとを再発見しましょう!

.銀座ふれあいまつり

銀座商店街振興組合主催の納涼まつりで、自由参加です。八犬伝紙芝居・まちなかウォーク参加者には、金券200円のオマケがつきます。

*時間=16:00~20:30

*会場:太田整形外科の

第9回 同心展

旧館山高校の教員仲間8人が、心をひとつに美術展を開いています。

NPO安房文化遺産フォーラム代表は、18年ぶりに彫刻刀を握りました。

ぜひ、お立ち寄りください。    ⇒ 同心会2012目録

*会場:千葉県南総文化ホールギャラリー

*会期:2012年7月1日(日)~13日(金)

【絵画】 ・山口貞雄・三瓶繁男・渡部純一・小林栄

【版画】 ・愛沢伸雄

【写真】 ・黒川正己

【書】 ・大野和子

【詩】 ・諫川正臣

【彫刻】 ・船田正廣

【布作品】 ・今井香

横須賀まちづくり会議

昨日にひきつづき、横須賀とのご縁です。

NPO法人全国生涯学習まちづくり協会(福留強理事長)と、

横須賀パレスホテル経営者の太田順子さん(NPO理事)が仕掛け人。

太田さんは、70歳を超えて、神奈川歯科大学の社会人大学院1号となった女性。

まちづくり会議に集まった人びとは、横須賀市議4人をはじめ、

元行政マンでNPOアクションおっぱま福理事長の青木さん、

神奈川歯科大学の学長、1920年生まれという造船会社の女性社長、

TOSSの若い小学校教師2人、などなど25名。

8月18日にまちづくりイベント「横須賀ストーリー」を開こうという話です。乞うご期待!

追浜地域運営協議会ツアー来訪

横須賀で第三海堡の保存活用をすすめる、

NPO法人アクションおっぱま昌子住江理事長のご紹介で、

横須賀市の追浜地域運営協議会の皆さんが視察来訪。

追浜行政センターの方3名、追浜自治会長、追浜観光協会長はじめ、

商工関係者やNPOのまちづくり関係者などなど19名。

幸田旅館で、座学と美味しい昼食の後、

赤山地下壕、128高地戦闘指揮所壕、米占領軍上陸地をご案内。

房総半島と三浦半島は、中世の里見水軍と後北条水軍や、

東京湾要塞の拠点同士でもあり、重要な関係の歴史にあふれています。

さらなる、まちづくり交流をすすめていきましょう。

知恵袋53=村上吉夫さんの「ドーム球場設計」

第54回目の知恵袋講座。

村上吉夫さんは、旧家の邸宅(館山市南条の小原邸)にお住まいですが、

お仕事は、建築の最先端「ドーム球場」の設計に関わってきた責任者です。

そもそも、ドーム建築という概念のなかった当初、基準となる法規が日本にはなく、

関係省庁との話し合いを重ねながら、後楽園のエアードーム、開閉式の福岡ドームなど、

全国のさまざまなドーム建築に尽力されてきたとのこと。

貴重な体験談、ありがとうございました。